javaは、ブラウザ上で動作するプログラムの開発を行うことができる開発言語として、近年大きな注目を浴びるようになってきています。
インターネットを誰もが利用する時代となってから、需要が高騰してきているオンラインゲームの開発や、ショッピングサイト等の機能性の高いホームページ制作に加え、スマートフォンのアプリの開発など、幅広くその利用が広まってきている傾向があります。

それを担うプログラマの求人も増加してきているため、javaプログラミングを習得することによって転職を考えたり、スキルアップを図ったりする人も増えてきています。
しかし、気をつけなければならないこととして、これまではブラウザ上で動作するプログラムの開発に主に用いられてきたのはphpであり、現在でもその需要は高いということがあげられます。
こういったプログラム開発の際にも、現状としてはphpを併用して行うということも多く、求人募集の要件においてphpのスキルも求められていることも稀ではないのです。

また、その記載がなくとも現場では必要とされるということもあり、入社してから速やかに身につけなければならない場合も少なくありません。
javaの習得は応募できる求人広告の数を増やすことができるものの、それのみでは現実的には仕事上で苦労することが多いというデメリットがあります。
将来的な展望を考えて習得することにメリットはあるものの、今後Web領域に転職を考えている方は、java単独では能力不足となるリスクがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>