プログラムを学ぶ際には、「まずは、C言語から学んでいこう」と考えている方も多いと思います。
C言語を学ぶことで、プログラムの裏側の作業なども身につけることが出来ますから、これからシステムについて詳しく学んでいきたいと考えている方にとっては、理想的な言語だと思います。
実は、そのC言語を用いる場合、「書く必要はないなぁ」と思う時に用いられるのがPerlの言語。
では、Perlには、どういったメリット、デメリットがあるのでしょうか。

・メリット
Perlのメリットとしては、長く使われている言語のため、様々なモジュールが揃っているというメリットがあります。モジュールが揃っているということは、その時々に応じて必要となる言語もすぐに判断出来るということ。これは、初心者にとっても用いやすい言語といえるでしょう。また、多くの環境に入っている言語となっていますから、クライアント先などで対応が必要となった時なども、Perlを身につけていれば、作業などに役立てることが出来ます。

・デメリット
Perlの速度は、スクリプト言語らしい速度となっていますので、決して速いとはいえません。
また、Perlの場合には、RudyやPythonと被ってしまうというデメリットがあり、「わざわざ、Perlを使う必要がない」と感じる方も多いでしょう。

Perlにも、やはりメリットとデメリットがありますが、職場などでのメンテナンス作業が求められる方であれば、覚えておくと損はない言語と言えます。クライアントでの対応が必要となることが多い方にとっても、身につけておくと良い言語といえるでしょう。
また、Web業界でエンジニアとして活躍するには取得しておくべきスキルの1つだと言えます。
Webエンジニアとして求人に応募する際には、Perlと合わせてJavaのスキルも習得しておくと有利です。それぞれバージョンがあるため、学ぶ際にはバージョンなども確認しながら学んでいくことが必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>